【占学師】 気村 周明

四柱推命、易学、気学、相学などを通して運命を知り、「生きる」ことを学びます。
「運命鑑定」、「人生相談」、あらゆる悩みを解決します。
「四柱推命」、「九星気学」、「姓名判断」、「家相・風水」ほか。

スポンサーサイト

2014.06.07 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    九星気学の行法〜「祐気取り」

    2009.08.14 Friday 21:48
    0
      九星気学では、行動しようとするする際の「選択」に答えを出すことができます。

      さらに、目的をいち早く達成する方法があります。

      その方法の一つに「祐気取り」があります。

      「開運旅行」がその最たる例ですが、「時」と「方向」を利用して、自分に有利に働く「気(エネルギー)」を取り入れてくる方法です。


      なぜ、「気」を取り入れると、運気がよくなるか。
      そもそも、人間は地球上でその肉体を手に入れます。生まれた「日」の状況によって、巡りくる年月日に変化が現れます。
      それと、地球には南北に流れる「気(磁場)」の流れがあり、地球の回転などの影響で東西南北の方向に隔たりが起きます。
      これらの現象を解読した方法の一つに九星気学があります。

      「時」を八つの時期に分け、「方角」を八つの方向に分けています。
      それに、「五行」の考え方を取り入れ、相性の良し悪しを決定しています。

      この考え方では、人が生まれた日に、人生の日数のすべての日を判別することが出来ます。




      今日という日が、その人にとって、どんな日なのか。
      どのように行動をしたら「良い結果」が生まれるのか。

      答えを出してくれて、結果までをも導いてくれます。


      九星気学では、その名の通り、人を九種類に分類します。
      「一白水星」、「二黒土星」、「三碧木星」、「四禄木星」、「五黄土星」、「六白金星」、「七赤金星」、「八白土星」、「九紫火星」の九つです。

      この九種類が、その年、その月、その日、その時間ごとに、それぞれに良い結果を導き出すための行動パターンを教えてくれます。


      今年、2009年は、
      「東」が良い方向の人は「一白」、「五黄」、「六白」、「八白」の人となります。
      占い | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2014.06.07 Saturday 21:48
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://tenchijin.jugem.jp/trackback/28

        トラックバック