【占学師】 気村 周明

四柱推命、易学、気学、相学などを通して運命を知り、「生きる」ことを学びます。
「運命鑑定」、「人生相談」、あらゆる悩みを解決します。
「四柱推命」、「九星気学」、「姓名判断」、「家相・風水」ほか。

スポンサーサイト

2014.06.07 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    「木」

    2007.09.07 Friday 00:12
    0
      季節を5つに分ける考え方は、さまざまな場面で役立ち、「運命学」の重要な基礎をなす考え方となっていきました。
      それぞれの意味を解説していきます。

      春夏秋冬の「春」は、生命の誕生の時期でもあります。
      動植物の生まれ来る姿、中でも生き生きとした草木を見ると、万物の蘇生を感じさせます。

      「春」には、新緑を象徴する「木」の文字をあてがい、具象的で身近なものに理解を求めようとしたものが、今まで受け継がれて学問体系をなしてきています。

      五行の「木」は、「誕生」を意味し、「蘇生」を意味し、「春」を意味しています。

      また、一日の時で言うと、「朝」を意味しています。

      人の感情で言うと、前向きに生きようとするエネルギーとも例える事ができるでしょう。

      人生においてはの青年期とも、とることが出来ます。

      基本的な性質で言うと、
      「慈悲や思いやりなど、他者に対する無条件の愛の実践」を表しています。

      そして、時間の経過と共に春の次にやってくるのは「夏」です。
      - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2014.06.07 Saturday 00:12
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://tenchijin.jugem.jp/trackback/4

        トラックバック