【占学師】 気村 周明

四柱推命、易学、気学、相学などを通して運命を知り、「生きる」ことを学びます。
「運命鑑定」、「人生相談」、あらゆる悩みを解決します。
「四柱推命」、「九星気学」、「姓名判断」、「家相・風水」ほか。

スポンサーサイト

2014.06.07 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    色について 〜四柱推命との関係〜

    2014.03.03 Monday 21:43
    0
      色について「色」は「色即是空」が表すようにこの世で起りうるすべての事柄に関わっています。
      「色」は「しき」と発音しますが、同じ発音の文字には「四季」「識」「死期」など、人生そのものを表すような文字もあります。発音する「音」の働きと「色」の働きとの関係性で私たち「人」の生き様を表現できると言っても良いかと思えるくらいです。

      人生の「四季」を過ごすとやって来るのは「死期」で、肉体が滅び何も残らないのですが、強いて言うなら、残すことができるのは「識」です。その「識」の種類にはいろいろな「色」があります。目に見える「色」には「虹の七色」がありますが、それに「黒」と「白」を加えて九色、また、「四季」の見方からすると「春夏秋冬」の四色に、それぞれの季節の間の色を一色にまとめて足した「八色」など、自然の捉え方で行く通りかの分け方があります。

      これは、人の生き様を現そうと考え出された人間による思考ですが、「人生」を上手く現していて、説明、解説してくれる良い基準となっています。気学では、人を九種類に分ける基準と、まとめて五種類に分ける基準とがあります。

      九種類とは、「青、緑、紫、黄、茶、金、赤、白、黒」で、虹の七色に白と黒を加えた九種類の色が基準です。

      五種類とは、四季の色、「緑、紫、赤、黒」に中間色である土用の土色を加えた五種類の色が基準です。

      私たち「人」は、必ずどれかの「色」に支配されています。それは、生まれた日で決まっています。その色と共に一生、生き続けることになっています。自分は、どの色に影響を与えられながら生きているのかを知ることは、とても大事なことです。人生そのものに大きく影響してくるからです。

      産まれてから、土に帰るまでに起こりうるイベントで「色」は様々な形に変化をしながら、人生に驚きを与え、予想もしなかった結果になっていくのです。

      しかし、予想ができるとしたらどうでしょう。

      運勢学では、生まれた瞬間に一生涯のラインが引かれます。そのラインは必ず一本です。
      この一本のライン上を休むことなく一定な時間を歩き続けるのが人生です。

      生まれた日からの10年間と、10歳からの10年間、20歳からの10年間は同じ時間が過ぎ去るだけです。時間の流れは早くなったり遅くなったりはしません。一定のスピードで進んでいます。たった一本のラインなので、思ったほど複雑でもありません。その一本のライン上を、「人生の四季」の分だけ進むだけです。

      過去の先人達が、いく種類の方法で線をひいてきましたが、必ずと言っていいほど抑えておかなければいけないのが、「四柱推命」の線です。「四柱推命」は、多々ある占法の中でも帝王と称されている方法です。この「四柱推命」で書かれた人生の線を「命式」と言っていますが、自分の命式を常に見ることは、人生を必ずプラスの方向に働かせることでしょう。ここには、人生の四季そのものが書かれています。文字はわかりやすいものばかりですのでイメージがしやすくなっています。

      自分はどういうタイプの人間なのか、どのような未来がやって来るのか、何度も何度も見直すことで自分自身を理解し、未来を有意義にすることができます。
      自分の望む未来を手に入れることは、自分自身を理解しなければなりません。四柱推命の「命式」は一生の指針となることでしょう。そこには、人生の四季と「色」が書かれているのです。

      「四柱推命」による「色」は10色の基準と12色の基準とがあります。それらの色を二つ、もしくは三つにまとめ分類したものが、一般に五行と呼ばれる五色の関係です。

      五色とは、青系、紫系、黄系、赤系、黒系の色なのですが、色と色には良い関係と良くない関係があります。どの関係が良くて、どの関係が良くないのかは、「四季」の色を考えると解りやすいです。

      新緑の青と、紅葉の赤、この関係は春と秋の関係ですので良い関係とは言えません。また、夏の紫と冬の黒も、夏と冬は正反対の色なのでこれも良い関係とは言えません。このように、自然のめぐり中で気づかないうちに私たちの生活が営まれているのです。

      自然の仕組みは、私たち人間の生きる仕組みそのものとも言えます。このような仕組みを解りやすくまとめたものが四柱推命の「命式」なのです。お手元において、常に見ていることで自然と ご自分の過去、現在、未来が見えてきて、さらに「気」の調節がされていきます。

      ご希望の方は下記にてお申し込みください。
      こちらまで。
      占い | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2014.06.07 Saturday 21:43
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://tenchijin.jugem.jp/trackback/51

        トラックバック