【占学師】 気村 周明

四柱推命、易学、気学、相学などを通して運命を知り、「生きる」ことを学びます。
「運命鑑定」、「人生相談」、あらゆる悩みを解決します。
「四柱推命」、「九星気学」、「姓名判断」、「家相・風水」ほか。

スポンサーサイト

2014.06.07 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    【誕生日だけでこんなにわかる】(その1)

    2014.02.25 Tuesday 23:33
    0
      【誕生日だけでこんなにわかる】(その1)


      自分自身を知りたいと思いませんか?。

      一番に知ること、それは自分がどのタイプの人間なのか、です。


      最初の分類は【陰と陽】です。
      人は誕生の時に大きく2種類(男と女)に別れます。男は陽性の生き物で、女は陰性の生き物と言われていますが、実は、男でも女でも陽性と陰性の両方のタイプがあります。

      ここで、4種類に別れます。男の陽性、男の陰性、女の陽性、女の陰性です。


      次に5種類に別れます。いわゆるフィフスエレメントです。この5種類の分け方は人々の生命活動の中であらゆる場所で顔を出します。
      我々人類の人種を5種類にわけたり、人のたんぱく質の抗体、敬語の分け方、虫歯の進行状況による分類、植物のシダによる分類、ソフトウェア開発に用いられる言語の分類、女性の可愛さの分類、動物の種による分類、ワキガ手術の方法、甲状腺ガンの種類、日本人の思想的分類、などなど(検索エンジンにてランダムに抽出。)

      これらの分け方の考えの基礎となっているのが、古代ギリシャの哲学者たちが提唱したフィフスエレメントです。
      それは、火、土、水、空気(風)、金(金属または波動)の五つです。時代や文化の発達と共に言葉が置き換わっていろいろな分野に浸透していき、いろいろな考え方に発達し今日に至っています。

      運勢学上では、火、土、水、木、金の五つに分けて考えています。

      2種類と5種類に分かれましたので、これで、10種類に分かれます。
      この10種類のどのタイプなのか、これを意識して生活することで飛躍的にストレスが緩和され、人生が楽しいと感じる時間が増えていきます。


      自分は、陽の種類なのか、陰の種類なのか、その種類の中の火の性質なのか、土の性質なのか、水の性質なのか、木の性質なのか、金の性質なのか、見極めましょう。


      例えば、陽の性質で火のタイプの人は、
      激しさや行動的なことを好むので、じっと耐えるような生活の仕方に向いていません。ストレスが溜まる一方です。
      また、陰の性質で水のタイプの人は、
      暖かさや安定的なことを好むので、冒険的な生活にはついていけません。これもまた、ストレスが溜まります。

      生活の仕方、生活習慣、食べ物、住まい、仕事、衣類など、少し自分のタイプを気にして生きてみると今までとは違う自分にめぐり合うことができます。
      占い | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2014.06.07 Saturday 23:33
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://tenchijin.jugem.jp/trackback/52

        トラックバック